カート

NOT OLD, BE CLASSIC.「時代を越える粋なモノ」

HAPPA STAND HAPPA STAND

有機JASマーク by MIYUKA

こんにちは。

HAPPA STAND STORE MANAGERの石竹です。

今日は有機JASマークについてお話したいと思います。

食品には様々なマークが付けられています。

皆さんはJASマークを見たことがありますか?

JASマークとは農林水産省、つまり国から認められているもので

基準以上の品質があるものです。

JASマークにもいろいろな種類がありますが、

HAPPA STANDの「OCHA」に記載されているマークは

「有機JASマーク」というものです。

「有機JASマーク」とは

化学肥料や農薬を一切使わず自然の力のみを使って

栽培された農産物にしか付けてはいけないマークです。

有機JASマークのない農産物や農産物加工食品には

「有機」や「オーガニック」

などの表記をすることは法律で禁止されています。

有機JAS認定を取得するには申請を行ってから、

書類審査や現地での検査もあります。

また、取得したからいい。

というものではなく、

取得後も年に一回登録認定機関による調査が行われます。

きちんと基準の生産を続けているかチェックします。

もしされていない場合は認定が取り消される事もあります。

こういった厳しい審査を受けたものがこの

「有機JASマーク」

をつけることができ、国からも認められたものと言えます。

現状

有機栽培は管理にかかる労力が多い割に、

収穫量が少ないのでなかなか生産者が少ないのが現状です。

なので

オーガニックのお茶自体の希少価値はかなり高いと言えます。

しかし

海外ではオーガニックの認知度が高い事や

日本茶に期待する事は安心・安全である事など

環境や健康に対する意識の高い人が多いです。

HAPPA STANDがオーガニックのお茶に

こだわるのも

環境問題や健康に目を向けて欲しい思いがあるので

もっと身近にオーガニックの物を取り入れたり

選択肢の幅を広げられるようにと考えております。

特にお茶は他の野菜などのように

洗浄できないので

安全を考えると

選び方が変わってくると思います。

 

少しでも

普段買い物をする際には、

こういった食品表示マークに目をとめて

体に優しいものを取り入れるようにしましょう!

今こそ

落ち着いてゆっくりとお茶を飲む時間を大事にしたいものです。

 

 

以上、最後まで読んで頂き

ありがとうございます。