カート

NOT OLD, BE CLASSIC.「時代を越える粋なモノ」

HAPPA STAND HAPPA STAND

抹茶の飲み方

  • 01 /

    MATCHAをCHAWAN「TONO」に入れる

    MATCHA「MATSU, TAKE, or UME」をCHAWAN「TONO」に茶杓で山盛り2杯(約2g) 入れる。

  • 02 /

    沸騰させたお湯をCHAWAN「HIME」に注ぐ

    沸騰させたお湯(約90度)をMATCHAの適温(70度〜80度)にする為に、CHAWAN「HIME」の八分目程度まで(約150ml)注ぐ。

  • 03 /

    2のCHAWAN「HIME」からMATCHAの入ったCHAWAN「TONO」へお湯を移す

    2でCHAWAN「HIME」に入れて適温にしたお湯を、抹茶の入ったCHAWAN「TONO」に移し入れる。この時、お湯の温度はCHAWANを持てる位の熱さ(70度〜80度)になっていると渋みや苦味(カテキン)を抑えられた甘み(テアニン)の多いMATCHAとなります。

  • 04 /

    茶筌でMATCHAを点てる

    まずは、CHAWANの底に茶筌の先が軽く当たる感じでサラサラと。
    底のMATCHAを攪拌(かくはん)出来たら、先ほどより勢い良く全体を点てる。
    この時、底から上へと泡立てるイメージで。

  • 05 /

    表面の泡を慣らして完成!

    表面にできた大きめの泡を「m」を描くように細かいクリーミーな泡にする。
    最後に、「の」の字を描きながら茶筌を引いたら、完成です。

煎茶の飲み方

  • 01 /

    OCHA「SENCHA」をKYUSUに入れる

  • 02 /

    沸騰したお湯をそのまま「MASU」に入れる

  • 03 /

    湯冷ししたお湯をKYUSUに移し、約1分間抽出する

  • 04 /

    少しづつ均等に注ぎ分け、最後の一滴まで丁寧に絞りきる

  • 05 /

    淹れ終わったKYUSUのフタは少しづつずらして置き、茶葉を蒸らした状態にしない

玉露の飲み方

  • 01 /

    OCHA「GYOKURO」をKYUSUに入れる

  • 02 /

    沸騰したお湯をそのままYUNOMI「SENSU」に入れ、次々と別のYUNOMIに移し替え、熱湯を適温にする

  • 03 /

    茶葉から旨みが出るのを約2分じっくりと待つ

  • 04 /

    少しづつ均等に注ぎ分け、最後の一滴まで丁寧に絞りきる

  • 05 /

    淹れ終わったKYUSUのフタは少しづつずらして置き、茶葉を蒸らした状態にしない

焙じ茶/玄米茶の飲み方

  • 01 /

    OCHA「HOUJICHA」or 「GEMMAICHA」をKYUSUに入れる

  • 02 /

    沸騰したお湯をそのままKYUSUに入れる

  • 03 /

    少しづつ均等に注ぎ分け、最後の一滴までしぼり切る

  • 04 /

    淹れ終わったKYUSUのフタは少しづつずらして置き、茶葉を蒸らした状態にしない

  • 05 /